引っ越して3ヶ月で退去。100万円が水の泡になった話。

こんにちは。お茶くみ係のゆかりんです。

今回は数年前に実際にあった怖い話をしようと思います。

その当時おしゃれなロフトのベッドのあるおしゃれなデザイナーズマンションに一人暮らしをしていました。
数年ぶりに彼氏が出来、ロフトはなんだか()ってことで引っ越すことになりました。

どうせなら広いおうちがいいね。なんて言いながら貸家の一軒家に住むことになりました。
完全に浮かれポンチでした。

不動産屋さんに行く。

こちらの希望は現在の家の近くでと伝えていたので、不動産屋さんが数件ピックアップしてくれた物件の中から、いい感じの築浅一戸建てがありそちらを見に行くことになりました。

住んで初めてわかった落とし穴。

その当時休みが日曜日しかなくて、内見に行ったのも日曜日。引っ越しをしたのも日曜日でした。
ひとりで住んでいたマンションから徒歩15分くらいでなんとなくそのあたりの地理はわかっていたつもりでした。
ある一点を除いては。

それは、工業地域だということ。

そのあたり一体は工業地域で、家の周りはプレス屋さんなど音の出る会社が多くありました。
(引っ越してからそのあたりを歩くとこのあたりは工業地域ですとかかれた看板がいたるところにありました。)
しかし、法律上、日曜日はそのような会社は休みにしなければならずとっても静かでした。
これでは日曜日に内見に行ってもわからないはずです。

夜中に突然、家が揺れる

ゴーっという風の音を遠くで感じながら家のペットボトルの水面がちゃぷちゃぷと揺れるのです。
寝室が3階にあり、さらに木造建築だったせいか生まれてからずっとマンションに住んでいた私はその揺れに耐えられませんでした。風や車が通ったら木造だし、多少は揺れるよ!と彼氏はフォローしていましたが、一人で家にいるときの階段のきしみは誰か来たんじゃないかと怖くて怖くて、そのうち眠れなくなりました。更にベッドで船酔いするような気持ち悪さが続くようになりました。

音と揺れの正体が判明。

自分なりに夜中の揺れをメモしたり音の長さを計ったりして色々調べた結果、近所を走る貨物電車の音と揺れでした。
貨物電車は夜も走ります。
重い荷物を積んでいるので音もしますし、地盤の問題なのか家までも揺れるのです。家が揺れるので当然家もきしみますし、階段もきしみます。

不動産屋と話し合うが3ヶ月で退去。

 

揺れの度にカタカタ鳴る小さな物音や、揺れに敏感になり、眠れなくなり精神的に参りました。
契約書や重要事項説明書にも工業地域であることは書いてなかったですし、内見の際にもそのような説明はなかったので、仲介した某大手不動産FC店や、不動産協会などにも相談しましたが解決に至らず、初期費用にかかった100万円ほどをドブに捨てることになりました。

※売買物件の場合は用途地域(工場ばっかですよーとか、繁華街ですよーとかの難しい言葉です。)を説明しなければならないんですが、賃貸物件の場合には必須となっていません。

(内容証明は送りましたが、完全にスルーされました)

まぁ今思えば良い経験なのかもしれませんが、当時は不動産屋の人間って本当に終わってると思いましたねぇ。

住むところは徹底的に自分でリサーチ

その後住む家は徹底的に自分で調べることにしています。
お客様を紹介するときも一緒です。
車の音はどうか、夜と昼でトラックの走行が増えたりしないか
近くに警察署や消防署がないか。など出来るだけ調べるようにしています。

同じような不動産屋になるのも嫌ですし、私みたいな経験はしてほしくないですからね。

まとめ

内見で車を出してくれる不動産屋さんはたくさんありますが、出来るだけ歩くことをおすすめします。
私のように悪い不動産屋にあたると、今回の場合だとここが工業地域であると表示してある看板のあるところを通らないように家だけを見せ、まわりの環境を隠すことは簡単に出来るからです。

引っ越してしまっては、不動産屋は強気に出て、アフターフォローもせず知らぬ存ぜぬを繰り返し、時間もお金も無駄にすることになります。

そのようなことにならないよう、まずは周辺を歩いてみることをおすすめします。

お問い合わせが急増しております。

ただいま、仲介手数料ナシで賃貸契約を希望されるお客様からの問い合わせでLINE@専用のサポートセンターが大変混雑しております。

お急ぎのお客様へは優先的にお部屋のご案内をしておりますので、お引っ越しをお急ぎのお客様はご登録お願い致します。

登録・利用・契約手数料は無料となっておりますので、お気軽にご登録ください。

引っ越しには1ヶ月弱の契約準備が必要です
事前登録はこちら

余裕をもった相談をする(無料)

ID検索をするか、ボタンをタップして
今すぐ花沢不動産とLINEを連携しよう!
LINE IDと連携してお部屋相談をしよう
まずは花沢不動産を友だち追加
LINEアプリの友だち追加からID検索を行うか、タップから友だち追加を行い、
追加後に配信されるメッセージの内容に沿って勧めてください。
友だち追加後に配信される
メッセージ内容に沿って進めてください。無料です。

運営会社について

わたしたち、「花沢不動産」は大阪に本社を置く不動産会社です。
神戸・京都・大阪、どこへでも行ける便利な場所にあります。

わたしたちは、 「どうしたらお客様に喜んでいただけるのか」そればかり考えている変わった不動産屋です。夜まで相談に乗ってくれる営業さんがいい!と言われれば夜の22時までチャット対応することにしたり、夜中の内見(見学)がしたい!と言われれば可能な限り見学をしたり、初期費用が安いほうが良い!と言われれば、不動産屋の儲けである仲介手数料を0円にしたり、不動産業界からは少し変わった目で見られています。

もっともっと不動産に親しみやすく気軽に考えれる世の中を実現するために、今日もまたお客様からご相談が来ることを楽しみにお待ちしております。

ご提供できるサービス(賃貸)

  • 22:00まで対応のチャットサービス
  • 深夜まで対応する見学や契約事務
  • 初期費用の見積もり・相見積もり
  • おすすめの物件のご提案
  • 他社・ポータルサイト・未公開物件の空室確認
  • 最寄り駅からの徒歩案内に対応
  • 来店不要の現地集合
  • 審査が不安なお客様のサポート
  • 仲介手数料0円
  • 入居から退去までのご相談窓口

など、不動産に関することはもちろんのこと、生涯のライフコンシェルジュとしてお客様に寄り添ってご対応させていただきます。

担当:ゆかりん

ゆかりん

1986年生まれ。五黄の寅の生まれ。中学校から女子校に通うが短大で中退。その後、夜の仕事をしながら25歳のときに宅建士の資格を取る。好きなように働いて好きなように生き、現在2児の母(長男5歳次男3歳)花沢不動産株式会社の立ち上げに参画し、主婦目線・女性目線での不動産選びやお部屋探しのお手伝い中。テキーラ好き。

\ スタッフがオススメする記事 /

\ よく見られている記事です /