大阪R不動産の仲介手数料はいくら?

さて、東京では大人気の東京R不動産。

おしゃれな不動産のセレクトショップ形式紹介と、物件ポエムの元祖と呼ばれている”おしゃれ系不動産”のトップランナーです。

そんな東京R不動産が大阪にも出張って来てまして、大阪R不動産というものが存在します。オシャレ系御三家の一つでもあって、「R不動産か渋井かマジ悩んでる」っていうのがナウいみたいです。グッドルームは最近普通の不動産屋が普通の物件も掲載し出したためか、ブランディング力に欠けているとの噂。

グッドルームや渋井不動産もきっとR不動産のやり方をパクッたに違いないと思っていますが、反感を買うことに何一つメリットを感じないので、そういった個人的感情を心の奥底にしまっておくことにしましょう。

とにかくオシャレ系不動産屋に言えることは、一つ一つの物件にとてつもなく手間がかかっています。スーモやホームズの物件写真と比べると一目瞭然ですね。

綺麗な写真と頭の中にすーっと入ってくる文章で、欲しくもないのに買ってしまうジャパネットタカタのような感じです。あー引っ越そうかな、と思わせるテクニックはさすが。

あ、前置きが長くなりましたね。

大阪R不動産の仲介手数料はいくらなのよ

おしゃれな賃貸物件に住みたいけど、初期費用はやっぱり気になる。総額20万の予算でどれだけのクオリティをGETできるかどうか気になる。ってことでズバリ

家賃の1ヶ月分です。

 

はい。がっかりしない。

仕方ないですよ。あれだけ一生懸命コンテンツ作りに時間と人件費をかけて、めちゃくちゃカッコいい部屋を見つけて来てくれるんですから。

 

家賃の1ヶ月分くらい払ってあげてください。10万円の部屋だったら、たった10万円じゃないですか。ハワイに行って帰ってこれるくらいの金額ですか?僕はハワイに行ったことがないので分かりません。

どうしても、どうしても初期費用を抑えたいというのであれば、

大阪R不動産のURLと共に、花沢不動産のLINEにメッセージを送ってください。

初期費用なんぼなん?」ってね。

 

お問い合わせが急増しております。

ただいま、仲介手数料ナシで賃貸契約を希望されるお客様からの問い合わせでLINE@専用のサポートセンターが大変混雑しております。

お急ぎのお客様へは優先的にお部屋のご案内をしておりますので、お引っ越しをお急ぎのお客様はご登録お願い致します。

登録・利用・契約手数料は無料となっておりますので、お気軽にご登録ください。

引っ越しには1ヶ月弱の契約準備が必要です
事前登録はこちら

余裕をもった相談をする(無料)

ID検索をするか、ボタンをタップして
今すぐ花沢不動産とLINEを連携しよう!
LINE IDと連携してお部屋相談をしよう
まずは花沢不動産を友だち追加
LINEアプリの友だち追加からID検索を行うか、タップから友だち追加を行い、
追加後に配信されるメッセージの内容に沿って勧めてください。
友だち追加後に配信される
メッセージ内容に沿って進めてください。無料です。

運営会社について

わたしたち、「花沢不動産」は大阪に本社を置く不動産会社です。
神戸・京都・大阪、どこへでも行ける便利な場所にあります。

わたしたちは、 「どうしたらお客様に喜んでいただけるのか」そればかり考えている変わった不動産屋です。夜まで相談に乗ってくれる営業さんがいい!と言われれば夜の22時までチャット対応することにしたり、夜中の内見(見学)がしたい!と言われれば可能な限り見学をしたり、初期費用が安いほうが良い!と言われれば、不動産屋の儲けである仲介手数料を0円にしたり、不動産業界からは少し変わった目で見られています。

もっともっと不動産に親しみやすく気軽に考えれる世の中を実現するために、今日もまたお客様からご相談が来ることを楽しみにお待ちしております。

ご提供できるサービス(賃貸)

  • 22:00まで対応のチャットサービス
  • 深夜まで対応する見学や契約事務
  • 初期費用の見積もり・相見積もり
  • おすすめの物件のご提案
  • 他社・ポータルサイト・未公開物件の空室確認
  • 最寄り駅からの徒歩案内に対応
  • 来店不要の現地集合
  • 審査が不安なお客様のサポート
  • 仲介手数料0円
  • 入居から退去までのご相談窓口

など、不動産に関することはもちろんのこと、生涯のライフコンシェルジュとしてお客様に寄り添ってご対応させていただきます。

担当:たつや

たつや

個人で引越しを10回以上経験したことのある猛者。ちなみにコミュ障なため、不動産営業マンに強く言えずに苦汁を飲まされた。そこで感じた不満を改善すべく不動産賃貸業に進出。しゃべらない。

\ スタッフがオススメする記事 /

\ よく見られている記事です /