IT重説によって遠方のお客様がご来店不要で契約可能になった。

なんでもITってつければ良いと思ってる世の中にガツンと言いたいけれども大したエビデンスもない感情論のため、無言を貫いているたつやです。

雄弁は銀!

さっそくIT重説とは何か、わかりやすくご説明できればなと思います。

IT重説とは

すごくわかりやすく説明すると

・宅建業法第35条に基づき宅建士がおこなう重要事項説明をテレビ電話のようなIT技術を活用しておこなえるようにしたものです。

今までは現地(主に不動産屋の店舗)にて重要事項説明をおこなっていました。対面での説明が義務付けられていたのですが、これだけインターネットが普及した現代において対面での説明って不動産屋にしてもお客さんにしても時間と交通費ばかりかかって非効率的なものだよね。っていうのがようやく国に認められた形になります。

お金を借りるときやクレジットカードを作るときだって、今ならインターネットでポチポチしてたら契約できてるでしょ?

大事なお金を預ける銀行口座ですらPCを使ってポチポチしてたら契約できてしまう時代です。

賃貸契約もそういった世の中の流れを組んで行きましょう!

というのが今回のお国の判断ってわけです。

IT重説ができるようにするためには

IT重説にはいくつかの満たすべき約束事があります。

・宅建士とお客さんが、図面等の書類及び説明内容を十分に確認できる環境、お互いの声が十分に聞ける環境じゃないとダメ。(外とか周りがうるさいところ、ネット回線が不安定なところはダメ)

・宅建士が記名押印した重要事項説明書と添付書類(登記簿謄本やハザードマップとか)がお客さんの手元に届いていること。(PDFとかじゃだめ!書類原本が必要!)

・お客さんが、重要事項説明書と添付書類を見ながら説明を受けることができる環境(歩きながらとかはダメ)に加えて、映像及び音声がちゃんとしているかどうかを絶対に確認すること(必要書類を落ち着いて見れるか、ネット回線が不安定じゃないか確認しなきゃだめ)

・宅建士がモニター越しに宅地建物取引士証を見せなきゃだめ。

かんたんにいうと

電話越しで「オッケイオッケイ!契約完了!オッケイ!」じゃだめですよ。テレビ電話でお互いの顔や声を確認しながら、書類にも目を通してネット回線が不安定じゃないところでやってね!

ってことです。

もっと細かな約束がたくさんあるんですが、基本的にお客さんに守ってもらうことはこれくらいです。

おっと、大事なことを忘れていました。

ネット回線が不安定になったら即中断。

え?なんて?

ネット回線が不安定ですね!説明を一時中断します!!!!!!!!!!

っていう流れです。

IT重説に使用する機器は?

インターネットの環境を整えることができるものでしたら、今のところ特に制限されていません。

パソコンやスマホもOKということになっていますし、特に使用するソフトについて制限があるわけでもありません。(スカイプやLINEなどでも可能)ただし、宅建士側はワイプ表示ができる環境で、お客さんが見ている画面(自分の顔)を確認できるソフトが必要です。

おそらくLINEのテレビ電話を不動産屋はパソコンで利用して、お客さんはスマートフォンで利用するのが主流になるのではないかと思います。

みんなLINEは使ってますからね。

IT重説の説明時間はどれくらいかかる?

これは対面で実施するのとあまり変わらないと思います。おおむね1時間くらいでしょうか。契約内容や添付書類の多さ、特約事項の数などによっても異なりますが1時間くらい時間をあけておいたら良いかと思います。

IT重説のお客さんにとってのメリットは?

やっぱりとてつもなく大きいのは、移動時間の節約と休日じゃなくてもできるところです。花沢不動産は夜の22時まで空いているので、比較的みなさん仕事終わりに重要事項説明を受けに来られますが、一般的な不動産屋は18時か19時には閉店しています。

となると、やっぱり休日に予定を立てて説明を聞きに行かなくてはならないので、大変です。

それがネット環境さえあれば、仕事終わりに自宅で受けれることになるので結構ありがたいサービスになるのではないかと思います。

IT重説のお客さんにとってのデメリットは?

単純に回線の使用量です。LINEのビデオ通話の場合、1時間あたり307MBの回線使用が発生するのでスマホがWi-Fiにつながっていない人や、残りの回線速度がちょっとしかない人にとっては利用できない可能性もあります。

IT重説(ネット重説)の今後は

既存の駅前店の中には、申込み当日に過去の入居者さんの重要事項を引き出してきて、即日重要事項説明をしてしまう不動産屋もあります。

そういったところには何も関係ない話なんでしょうが、とりあえずお客さんにとってメリットがある改革だと思います。

花沢不動産ではお客さんに選択してもらうスタイルで導入していこうと思います。不安なところがあるお客さんには、お店で重要事項説明が行える制度も残していくので、ご検討いただけたら幸いです。

うーん。もっともっとインターネットの技術が不動産業界に流れていくことに期待して、今日はこのあたりで!

それでは!

 

お問い合わせが急増しております。

ただいま、仲介手数料ナシで賃貸契約を希望されるお客様からの問い合わせでLINE@専用のサポートセンターが大変混雑しております。

お急ぎのお客様へは優先的にお部屋のご案内をしておりますので、お引っ越しをお急ぎのお客様はご登録お願い致します。

登録・利用・契約手数料は無料となっておりますので、お気軽にご登録ください。

引っ越しには1ヶ月弱の契約準備が必要です
事前登録はこちら

余裕をもった相談をする(無料)

ID検索をするか、ボタンをタップして
今すぐ花沢不動産とLINEを連携しよう!
LINE IDと連携してお部屋相談をしよう
まずは花沢不動産を友だち追加
LINEアプリの友だち追加からID検索を行うか、タップから友だち追加を行い、
追加後に配信されるメッセージの内容に沿って勧めてください。
友だち追加後に配信される
メッセージ内容に沿って進めてください。無料です。

運営会社について

わたしたち、「花沢不動産」は大阪に本社を置く不動産会社です。
神戸・京都・大阪、どこへでも行ける便利な場所にあります。

わたしたちは、 「どうしたらお客様に喜んでいただけるのか」そればかり考えている変わった不動産屋です。夜まで相談に乗ってくれる営業さんがいい!と言われれば夜の22時までチャット対応することにしたり、夜中の内見(見学)がしたい!と言われれば可能な限り見学をしたり、初期費用が安いほうが良い!と言われれば、不動産屋の儲けである仲介手数料を0円にしたり、不動産業界からは少し変わった目で見られています。

もっともっと不動産に親しみやすく気軽に考えれる世の中を実現するために、今日もまたお客様からご相談が来ることを楽しみにお待ちしております。

ご提供できるサービス(賃貸)

  • 22:00まで対応のチャットサービス
  • 深夜まで対応する見学や契約事務
  • 初期費用の見積もり・相見積もり
  • おすすめの物件のご提案
  • 他社・ポータルサイト・未公開物件の空室確認
  • 最寄り駅からの徒歩案内に対応
  • 来店不要の現地集合
  • 審査が不安なお客様のサポート
  • 仲介手数料0円
  • 入居から退去までのご相談窓口

など、不動産に関することはもちろんのこと、生涯のライフコンシェルジュとしてお客様に寄り添ってご対応させていただきます。

担当:たつや

たつや

個人で引越しを10回以上経験したことのある猛者。ちなみにコミュ障なため、不動産営業マンに強く言えずに苦汁を飲まされた。そこで感じた不満を改善すべく不動産賃貸業に進出。しゃべらない。

\ スタッフがオススメする記事 /

\ よく見られている記事です /