18歳で部屋を借りることができるようになります。

18歳成人

こんにちは!たつやです。

高校を卒業したら速攻で一人暮らしをしてやろうと企んでいるあなた。

中卒のフリーターだけど、20歳になるまで親の許可がないと一人暮らしができないと悶々としているあなた。

実家から1時間以上かけて大学まで通ってるけど、親が一人暮らしを許可してくれないから毎朝我慢しているあなた。

2022年4月1日以降に18歳になるあなた。

自分ひとりだけで賃貸契約(部屋を借りる契約のこと)ができるようになります。

やったね!

なぜ18歳で一人暮らしができるようになるのか

ニュースで目にした人も多いかもしれませんが、今日(2018年6月13日)国会で現行の20歳成人制度から18歳成人制度に変わることが決まりました。

ただ、2022年の4月1日からの施行なので現在14~15歳の中学生の人にとっては2~3年ほど「おとな」になるのが早くなるって感じです。

不動産の契約も法律に基づいておこなわれているので、現行は20歳以上じゃないと単独で契約できないことになっています。親の許可がいるんですね。

保証人不要の部屋だったとしても「親権者同意書」というのが必要になってるんです。

親権者同意書ってなに

親権者(法定代理人)っていうのはかんたんに説明すると「親」です。

親がいない人は、おじいちゃんやおばあちゃん、親戚のおじさんがなっていたりすることもあります。

でね、未成年者というのは法律ですごく守られているんですね。

どれくらい守られているかっていうと「未成年者がした契約は取り消せる」っていうくらい守られているんです。しかも、「親の許可を確認してないお前らが悪い」ってぼくたちが悪者になるくらい強いんです。

ただ、大家さんも契約書を全部完璧に作成して部屋の掃除もして「よっしゃ!もう住めるで!」という状態になったあとに「ごめん、親の許可なかった。ほんまゴメン。」となったときの絶望感を考えると・・・。

ということで、親権者同意書をもらうことによって未成年者取り消しを使われなくなったと考えて契約を進めていくわけです。

親権者同意書を偽造した場合

親権者同意書を見てみると分かるんですが、親の名前と印鑑さえ押していれば簡単に書類を偽造することができます。筆跡が心配なら友達に書いてもらえば、ほんとにかんたん。

ただ、これは法律違反でもありますし「契約の取り消し」ができなくなります。

親の同意書を偽造できるくらいの頭なら保護しなくてもいいでしょ」という考えがあるのかどうかは知りませんが、あとから「実は自分で書いたもので、親にキャンセルしてこいと言われた」といったとしても取り消すことができません。

友だちや先輩に「自分で書いたらイケるよ」なんて言われても絶対に書いてはダメです。

結婚しているとイケる可能性もある

親権者同意書がないと部屋の契約ができない未成年者ですが、結婚していれば契約できる可能性が少しだけあがります。

法律的に考えれば「結婚してるんならおとな」ということになっているので、部屋を借りることができるんですが20歳以下で親の承諾を得れていない契約者を敬遠する大家さんもいるので、100%契約できるわけではありません。

とにかく信頼できる不動産屋に相談するのが一番ですね。

18歳成人制度になったあとに考えられること

ここからは、今現在15歳以下のお子さんをお持ちのお父さんやお母さんに向けての記事です。

不動産の賃貸契約では、「連帯保証人不要」の部屋がたくさんあります。部屋のクオリティは千差万別なので、ここでは言及しませんが、とにかく親権者同意書制度が18歳でも不要になった場合、両親に内緒で部屋の契約をすることはかんたんです。

連帯保証人不要の物件の場合、緊急連絡先の提出というミッションがありますが、契約者が故意に嘘をついた場合(連絡先の電話番号に友達の電話番号を書いて親のフリをさせるなど)に、それを見抜くすべはありません。

つまりなにがいいたいのかというと、「親の知らない間に部屋を借りちゃう18歳が大量発生する可能性」があるんです。

これはやばい

業界としても、最初は慣習として20歳以下の場合には親権者同意書を提出させるかもしれませんが、利益第一主義の会社であれば「違法」でない限り、18歳成人の権利として「賃貸契約」を結ばせるはずです。

家賃などが支払えなくなった場合、両親に請求がいくことはないでしょうし、請求されても支払う義務はありません。

しかし、おそらく「家賃などの不動産契約に関する滞納者」として社会人になったときに自分で部屋が契約できなくなってしまったりしますし、最近は家賃などをクレジットカードで支払う部屋も増えてきたことから「クレジットカードの滞納履歴」もセットで付いてしまう可能性があるんです。

はい。

「国が18歳成人とするなら、それはもう子ども自己責任だし、仕方ない」

そういう考えの方もいるとは思いますが、我が子のことになるとやはり心配になるのが親というものです。ぼくも二人の息子がいるのでちょっと心配です。

現状も20歳になったばかりのお客さんが保証人不要で契約するケースはあるので、18歳成人という時代の考えについていけていないだけかもしれません。

花沢不動産が管理する賃貸物件では、4年後に向けて大家さんに説明したうえで、どういう方法で契約を進めていくかを協議していく予定です。

 

 

お問い合わせが急増しております。

ただいま、仲介手数料ナシで賃貸契約を希望されるお客様からの問い合わせでLINE@専用のサポートセンターが大変混雑しております。

お急ぎのお客様へは優先的にお部屋のご案内をしておりますので、お引っ越しをお急ぎのお客様はご登録お願い致します。

登録・利用・契約手数料は無料となっておりますので、お気軽にご登録ください。

引っ越しには1ヶ月弱の契約準備が必要です
事前登録はこちら

余裕をもった相談をする(無料)

ID検索をするか、ボタンをタップして
今すぐ花沢不動産とLINEを連携しよう!
LINE IDと連携してお部屋相談をしよう
まずは花沢不動産を友だち追加
LINEアプリの友だち追加からID検索を行うか、タップから友だち追加を行い、
追加後に配信されるメッセージの内容に沿って勧めてください。
友だち追加後に配信される
メッセージ内容に沿って進めてください。無料です。

運営会社について

わたしたち、「花沢不動産」は大阪に本社を置く不動産会社です。
神戸・京都・大阪、どこへでも行ける便利な場所にあります。

わたしたちは、 「どうしたらお客様に喜んでいただけるのか」そればかり考えている変わった不動産屋です。夜まで相談に乗ってくれる営業さんがいい!と言われれば夜の22時までチャット対応することにしたり、夜中の内見(見学)がしたい!と言われれば可能な限り見学をしたり、初期費用が安いほうが良い!と言われれば、不動産屋の儲けである仲介手数料を0円にしたり、不動産業界からは少し変わった目で見られています。

もっともっと不動産に親しみやすく気軽に考えれる世の中を実現するために、今日もまたお客様からご相談が来ることを楽しみにお待ちしております。

ご提供できるサービス(賃貸)

  • 22:00まで対応のチャットサービス
  • 深夜まで対応する見学や契約事務
  • 初期費用の見積もり・相見積もり
  • おすすめの物件のご提案
  • 他社・ポータルサイト・未公開物件の空室確認
  • 最寄り駅からの徒歩案内に対応
  • 来店不要の現地集合
  • 審査が不安なお客様のサポート
  • 仲介手数料0円
  • 入居から退去までのご相談窓口

など、不動産に関することはもちろんのこと、生涯のライフコンシェルジュとしてお客様に寄り添ってご対応させていただきます。

担当:たつや

たつや

個人で引越しを10回以上経験したことのある猛者。ちなみにコミュ障なため、不動産営業マンに強く言えずに苦汁を飲まされた。そこで感じた不満を改善すべく不動産賃貸業に進出。しゃべらない。

\ スタッフがオススメする記事 /

\ よく見られている記事です /