分譲賃貸は見学前に即埋まる?見ないのに契約を進める猛者たち

大阪の賃貸では10月の後半からどんどん空室物件が出てきてますね!そのぶん、どんどん決まっていってしまっているので、

3日後に見学の予約をしたけど、3日後には満室!

なんてことが当たり前のようにおこっています。

結構知らない人が多いみたいなんですが、見学予約=キープってわけじゃないんですね。見学をせずにお申込みする人もいれば、自分より先に見学に行って申し込みしてしまう方もいます。

もっと悲惨な例でいうと

夕方19時に見学・・・

たぶんこれ以上遅くの見学はないから明日の朝まで考えたい!・・・

翌朝申し込みを入れると「満室」になっていた!

なんてことも・・・・

分譲賃貸マンションはもっと過酷な競争が待っています

通常の賃貸マンションでも日々、申込み合戦が行われているんですが分譲賃貸マンションになるとかなり早い段階から申し込みが行われています。

なぜなら

分譲賃貸マンションには3種類のお客様がいるからです。

分譲抽選に漏れてしまった猛者

分譲マンションはお金さえ払えば買えるものではなく、人気の新築マンションの場合「抽選」をしなければなりません。最上階とか角部屋なんかは人気度が高く、抽選に当選しない限りなかなか購入することができません。

選びたい放題ってわけじゃないんですね。

その抽選に漏れてしまったお客様の中で、「じゃあ他のマンションにしよ」という方もいらっしゃいますが、どうしてもその分譲マンションじゃなきゃ嫌だ!という方もいます。

そうした場合、売りに出されるのを待つか、賃貸として貸し出されるのを待つことになります。

この賃貸として待つお客様が超絶強い猛者になります。

お気に入りの不動産屋に連絡して、

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”s1.png” name=”猛者”] 花沢レジデンスが賃貸に出たらすぐに連絡ください![/speech_bubble]

タスク管理ができていない不動産屋だとそういった約束も忘れ去られますが、できる営業マンに頼んでおくと空きがでたらすぐに連絡が入ります。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”s2.png” name=”たつや”] 花沢レジの空きでましたよ!いきますか?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”s1.png” name=”猛者”] 見学はいらないです。すぐ申し込みします!店行きます![/speech_bubble]

こんな感じで申し込みまで超特急でおこないますので、募集が出た即日に決まるなんてケースも多々あります。

分譲賃貸がなかなか出ないことを知っている猛者

次に手強いのが、分譲賃貸歴のある猛者です。

見学に行って申し込みをしている間にもエリアの不動産屋でたくさんのお客さんの目に触れていることを知っているのと、分譲賃貸はなかなか募集がないことを知っているため

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”s1.png” name=”猛者] 見学は不要です。申し込みお願いします。[/speech_bubble]

と来店して物件資料を見た瞬間に決めてしまいます。もはや不動産のプロ。間取り図とかんたんな内装写真を見ただけで即決してしまうんですね。

わたしたちも

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”s2.png” name=”たつや”] 見学後にキャンセルとかできない場合もありますけど、大丈夫ですか?[/speech_bubble]

と、念のため確認してみるんですが

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”s1.png” name=”猛者”] ここなら大丈夫です。[/speech_bubble]

んーおそらく不動産歴1年未満の新人スタッフよりも分譲賃貸に対する目利きができる猛者です。

営業マンに説得されてお申込みをする猛者

やはり見学前に契約の申し込みをするっていうのはかなり不安になります。

お申込後に見学できる日程も11月の初旬時点で「12月末退去予定」なんて書かれていたら、見学するよりも先に契約日が来てしまいますので、キャンセルすることもできなくなります。

つまり入居後に

やっぱり違ったな、

なんてことが起きてしまうこともあるわけですね。これはすごく不安です。

ただ、営業マンもお客様のために「考えている暇がないくらいの条件です」と説明します。営業トークなのか本当なのかは、営業マン次第ですが、実際にそういった物件もあります。

そういうわけで、お申込みをする決意をされたお客様が猛者に変身するわけですね。

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”s2.png” name=”たつや”] これはお客様の条件にぴったり合います![/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”s1.png” name=”猛者”] 見学は可能ですか?[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”s2.png” name=”たつや”] 12月末退去ということですので、今から1ヶ月以上先です。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”s1.png” name=”猛者”] じゃあ見学の予約を・・・[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”s2.png” name=”たつや”] この条件ですと見学前にお申込みしたほうがいいくらいの条件です。なくなっちゃいますよ。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”s1.png” name=”猛者”] それは無理です。見てから決めたいです。[/speech_bubble]

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L1″ icon=”s2.png” name=”たつや”] ですよね。[/speech_bubble]

分譲賃貸マンションは運と縁です

3パターンの猛者をご紹介しましたが、通常はやはり見学を待つか他の物件にするお客様のほうが多いです。待った場合、7割くらいの確率(経験談)で他のお客様に取られてしまうのですが、ご縁(ごえん)があれば自分のところに回ってくるものです。

ただ、高級賃貸のほうが物件を抑えるのって難しいんですよね。募集がかかった即日にリフォーム前にもかかわらず(部屋の中がめちゃくちゃ汚い)申し込みをしたら3番手(キャンセル2名待ち)になっていたり、タイミングってほんとうに重要です。

 

分譲賃貸の仲介も仲介手数料0円でがんばっておりますので、お気軽にお問い合わせください!

それでは!

お問い合わせが急増しております。

ただいま、仲介手数料ナシで賃貸契約を希望されるお客様からの問い合わせでLINE@専用のサポートセンターが大変混雑しております。

お急ぎのお客様へは優先的にお部屋のご案内をしておりますので、お引っ越しをお急ぎのお客様はご登録お願い致します。

登録・利用・契約手数料は無料となっておりますので、お気軽にご登録ください。

引っ越しには1ヶ月弱の契約準備が必要です
事前登録はこちら

余裕をもった相談をする(無料)

ID検索をするか、ボタンをタップして
今すぐ花沢不動産とLINEを連携しよう!
LINE IDと連携してお部屋相談をしよう
まずは花沢不動産を友だち追加
LINEアプリの友だち追加からID検索を行うか、タップから友だち追加を行い、
追加後に配信されるメッセージの内容に沿って勧めてください。
友だち追加後に配信される
メッセージ内容に沿って進めてください。無料です。

運営会社について

わたしたち、「花沢不動産」は大阪に本社を置く不動産会社です。
神戸・京都・大阪、どこへでも行ける便利な場所にあります。

わたしたちは、 「どうしたらお客様に喜んでいただけるのか」そればかり考えている変わった不動産屋です。夜まで相談に乗ってくれる営業さんがいい!と言われれば夜の22時までチャット対応することにしたり、夜中の内見(見学)がしたい!と言われれば可能な限り見学をしたり、初期費用が安いほうが良い!と言われれば、不動産屋の儲けである仲介手数料を0円にしたり、不動産業界からは少し変わった目で見られています。

もっともっと不動産に親しみやすく気軽に考えれる世の中を実現するために、今日もまたお客様からご相談が来ることを楽しみにお待ちしております。

ご提供できるサービス(賃貸)

  • 22:00まで対応のチャットサービス
  • 深夜まで対応する見学や契約事務
  • 初期費用の見積もり・相見積もり
  • おすすめの物件のご提案
  • 他社・ポータルサイト・未公開物件の空室確認
  • 最寄り駅からの徒歩案内に対応
  • 来店不要の現地集合
  • 審査が不安なお客様のサポート
  • 仲介手数料0円
  • 入居から退去までのご相談窓口

など、不動産に関することはもちろんのこと、生涯のライフコンシェルジュとしてお客様に寄り添ってご対応させていただきます。

担当:たつや

たつや

個人で引越しを10回以上経験したことのある猛者。ちなみにコミュ障なため、不動産営業マンに強く言えずに苦汁を飲まされた。そこで感じた不満を改善すべく不動産賃貸業に進出。しゃべらない。

\ スタッフがオススメする記事 /

\ よく見られている記事です /